冷え性の対処法について

私は末端冷え性で手や足の指先が冷えてしまいます。

夏はまだいいですが冬になると手足の指先がかなり冷えてしまい、他人と手が触れるのを気にしたり寒すぎて寝れなくなったりします。

そんな私の対処法として毎日塗るめの湯船に浸かって血行を良くすることはもちろん、冬場は冷えが酷いので自宅でも厚めの靴下を履いて足を冷やさないようにしています。

さらに足浴をして血行を良くし寝るときは靴下を履いて寝ています。

これで随分足の冷えを防げますので安心して寝れます。

手の冷えに関しては、カイロを常に持参して手が冷えないようにしています。

寝るときはどうしても冷えて冷たくなってしまうので、布団の中に手を入れて少しでも冷やさないようにしていますが、なかなか暖まらないときには手袋をして寝ています。

あとは、冷たいものをあんまり取らないことや食事にも気を付けています。

さらに生姜を多く摂取するように心掛けています。

寝る前に紅茶に生姜を入れて体を暖めてから寝るようにしています。

生姜を多く取るようになってから冷え性が少し改善された気がします。

幸い、手足の冷えだけで他の症状がないので重要視していませんが、これから冷え性が軽減するようにしていきたいと思います。

(福岡県 メトロさん)




冷えとり靴下で冷え性対策^^

“私の冷え性の対処法は「冷えとり靴下」です。

一時期ブームになっていた気がしますが、「五本指の靴下を4枚重ねて履くなんて絶対面倒!」と当時は見向きもしませんでした。

そんな中、冷えから来る様々な不調が辛くなってきたのです(;;)
風邪をひきやすいのはもちろん、足が冷えて寝付けないのが一番辛かったです。
そこでネットで対処法を検索していたら、冷え性で悩む芸能人が冷えとり靴下を使用していることを知り、つい購入してしまいました。
普段、芸能人が勧める商品は冷ややかに見る私ですが、自分のニーズに合致すると弱いものですね。

五本指の靴下を履くのに慣れるまでは少し時間がかかりました^^;
せっかちな私は、最初は一気に履こうとして失敗していました。そうではなく、指を一本ずつ靴下に入れていくと履きやすいです。

履き心地は思いのほか快適でした^^
梅雨明けの猛暑でも冷えとり靴下を履いていますが、足元が蒸れて不快ということはありません。
4枚も重ねて履いているのに不思議ですよね。
いくら暑くても足先はしっかり冷えることが多いので、とっても助かっています!

現在は試しに買った1組しか手元にありませんが、冷えとり靴下の魅力にやみつきなので、もう何セットか購入したいと思っています^▽^

(北海道、itsubashiさん)




毎日できる冷え性対策法は暖かい飲み物と生姜

手足の先が冷えていると体にも良くないですし、何より気分が下がり心にもよくないですよね。
冬は勿論、夏も冷房や扇風機で体が冷えてしまいやすいです。
毎日ちょっとした工夫でできちゃう冷え性対策をお教えしちゃいます!

●冷たい飲み物はなるべく避ける
暑いとどうしても冷たい飲み物を一気に飲みたくなってしまいますね。
しかし、冷たい飲み物を飲むことで体の内側から一気に冷めてしまい体もびっくりしてしまいます。
飲み物を飲むときはなるべく常温、または暖かい飲み物をゆっくりと飲みましょう。
ペットボトルや缶のものを飲む場合は、少し置いてから飲むと良いでしょう。

●食べ物に一工夫、生姜を入れよう
季節のお野菜は体にいい!といいますが、夏野菜は水分が多めで体を冷やしやすいものが多いです。
なるべく熱を通すようにしましょう。
夏野菜のカレーを作るときは、少しだけでもいいのですりおろした生姜を入れてみましょう。
(生の生姜をすりおろした物のほうがいいですが、チューブタイプの物でもかまいません)
勿論、カレーだけでなく隠し味程度に生姜を色んな物に入れてみるのもいいと思います。

●一人の時は、手足の先を動かす
冷え性対策には運動して汗をかいたり、湯船に浸かって体をゆっくり温めるなど
わかりやすく効果的な方法がありますが、そんな時間がないよ~というかたも多いと思います。
短時間で効果がある簡単な運動は、手足の指先を動かすことです。
血流が悪くなり冷えになるのであれば、動かして流してあげればいいのです。
例えばオフィスで仕事をして座っているとき、手は動かしていると思いますが、足はあまり動かしませんよね?
人に気がつかれないように足の指をゆっくりグー・パーしましょう。
普段の生活でも人に見つかると少し恥ずかしいと思うので、一人になったらチャンスです!
ちゃんと動かしている部分を意識することを忘れずにやりましょう。

これで少しでも冷えが改善されると思いますので、毎日続けてみてください。

(大阪府 はるぽんさん)




冷え性改善のために靴下の重ねばきで体温をアップ

女性には冷え性の方が多いですよね。

冬はもう手足が氷のように冷たくなりますし、夏でも寒い!と言うことがよくあります(..)

真夏日で汗をかくほど暑いのに、エアコンの効いた部屋にいるとジーンと足先が冷えてきます。

血流が悪くて肩こりや便秘など色々面倒なことにもつながっているので、何とかしなくてはと思っていました。

半身浴やマッサージなどもやってはいますが、私にはあまり効果がない感じです。

そんな私が友人に久しぶりにあった時、教えてもらったのが靴下かさねばきという方法です(?_?)

彼女はそれを半年続けていて、生理痛や他の体調不良がかなり改善したと言うのです。

それでさっそく私も靴下のかさねばきを試してみました!!

通販で絹とウールの4枚ばきセットがあるので、それを購入したのです。

冬は足元が温かくなって、寝る時ももともと靴下をはいていたので全く問題ありません。

温かくなってきたら、靴下をはいて寝るというのは無理かなと思ったのですが全く大丈夫でした。

今半年ほど経っていますが、体の調子もよく体温が以前より高くなっていることを実感します。

私は4枚重ねですが、10枚重ねとかやってる人も結構いるみたいですよ(^.^)

冷え性が改善されると、肩こりや便秘も前より軽くなるので本当に良かったと思います。

冷え性は足元を温めることが一番効果があるそうですから、これは本当にお勧めです!!

(埼玉県  あーすけさん)




冷え性対策は服を着込んで温かいものを飲んで・・・

冷え性で悩んでいる女性は本当に多いですよね。

この時期冷房が効いた室内にいると芯から冷えて、手の先の感覚がなくなってきたりします。

冷え性を改善にするためにはいくつか方法がありますけど、まず厚着をすること、これが一番効果が早いのではないかな。

冷えやすいところに首もとや足元がありますよね。

冷え性の女性には、いくら夏だからと言って素足は絶対にお勧めできません。

靴下を履くか、レッグウォーマーを付けるかしたほうがいいですね。

デコルテを出すと美しいのですが、寒い時は首までしっかりカバーしている服がよいです。

まぁ、お洒落との兼ね合いもありますので、大きめのストールを一枚持参していると、たいていの寒さをカバーしてくれますね。

あとは、冷たいものを飲まないこと。

スイカは美味しいし、氷のたっぷり入ったアイスコーヒーなんかも魅力的ですが、体が一気に冷えてしまうので、出来れば夏でも常温の飲み物が好ましいですよね。

そして暑いからってシャワーだけで済ませるのではなく、毎日きちんと湯船に浸かって体を温めましょう。

冷え性は一朝一夕で治るものではないですが、色々な病気の素にもなってしまうので、毎日気をつけて体を温める食材を摂りたいものですね。

(福岡県 YYさん)




冷え性に効くサプリメントはトウガラシから抽出したカプシエイト

女性に多い冷え性は体にいろいろな影響をもたらします。冷え性は血液の循環が悪いということなので、よく頭痛起こるようになったり代謝が悪くなったりして太りやすくもなります。

冷え性は体の外側だけでなく内側からも温めなければいけません。   

私も冷え性で長い間悩んできた1人です。夏はエアコンで体が冷え冬は気温が下がるので冷え性もひどくなるといった感じです。

しかも加齢と冷え性でいくらダイエットをしてもちっとも痩せなくなってきました。

これはどうにかしないといけないと思いインターネットでいろいろと検索してカプシエイトを見つけました。

カプシエイトは新種のトウガラシから抽出した、代謝を高める成分が入ったサプリメントで普通のトウガラシの1000/1の辛さで体に優しく負担が少ないので胃腸が弱い人でも安心して飲めそうですね。

カプシエイトは冷え性対策とダイエットの両方に効き目がありそうなので私にはぴったりだと思い、しばらく続けて飲んでいました。

すると体がポカポカするようになってきて、すぐ汗をかくようになりました。基礎代謝も少し上がってきたのか体重も少しずつ落ちてきてダイエットも順調です。

嬉しいことに冷え性が良くなったことで肩こりまで改善されたようです。

冷え性に悩んでいる方は1度試してみても良いかもしれませんね。

(沖縄県  yさん)




冷え性対策にはお肉を!

肉は血や肉になります。

だから、よく小学校の給食でも、献立の栄養を放送するときに、「牛肉、血や肉になる物」と放送していました。

だから、ステーキなどを一週間に一度は食べるようにするといいです。

だんだん、貧血で倒れたりとかはなくなります。

鉄分不足で貧血になったり、冷え性になったりしますから、すりごまもサラダなどにかけるといいですね!

韓国人は必ずすりごまをスプーン山盛り一杯は、毎食何かにかけるそうです。

鉄分を補うためです。

だから、顔の血色もいいですね。

もし、そういう物を全然とらなかったら、血が薄くなります。

プルーンもいいですし、レーズンもいいです。

あまり、普段食べない物なので、意識して自分からとるようにしましょう。

一番いいのは、毎日少しずつお肉をとる生活です。

牛丼に乗っかっているくらいの量は、毎日食べたいですね。

そうしていたら、何か足りないときには、めまいなどがするので、あー、足りてない、とすぐにわかります。

豚肉はビタミンBです。

だから、女性がすぐにいろんな女性特有の症状を改善したかったら、ビタミンBの豚肉の方が、牛肉よりは即効性があります。

豚の生姜焼きなどを生理の時には食べたいものです。

効率的に補え、しかも、とてもそれがおいしく感じるでしょう。

(広島県、どんぐりさん)




通年使える冷え性対策はお風呂

昨今は冬だけでなく、夏場もどこでも冷房が効いているので、自分が自覚していないうちに、すっかり冷え性になっていたという話はよく聞きます。

私も一年中比較的冷えているほうで、いろいろとやってみましたが、一番良いのはやはりお風呂に浸かることだと思います。

一日の終わりにゆっくりとぬるめのお風呂に長時間浸かるのが効果的です。

そしてすぐ寝る!(笑)

重要なのは腰回りをあたためることなので、半身浴で、しかも上半身は濡らさずに入るのがコツ!

寒ければ方にフェイスタオルをかけましょう。

お風呂に入りながら軽く足の裏を揉むとさらに血行が良くなり温まりやすくなります。

私は岩塩などの天然塩と、お気に入りのラベンダーやベルガモットなどの精油を入れますが、あまりにも冷えがひどいときはジンジャーやブラックペッパーの精油を使ったりします。

においはそんなに悪くないですよ!

夏場は暑くて・・という方はペパーミントの精油を使うのがお勧め!

お風呂上りがすっとします。

冬場は朝起きてすぐに手浴をします。

こちらはぬるめではなく熱めで!

ちょっと皮膚が赤くなるくらいがちょうどいいです。

洗面所のボウルや洗面器などに41度くらいのお湯をはり、手首のすぐ上のほうまで浸して10分くらいゆっくりしましょう。

じっとりと汗をかくくらい温まれば、その日一日が過ごしやすくなります。

どうぞお試しください☆

(東京都葛飾区 rinforceさん)




食べ物で冷え性を治す

私は冷え性で、毎年冬になるとしもやけに悩まされています。

足指のしもやけはひどく、皮膚が紫色になってしまいます。

薬を塗っても治らないのでそのままにしているのですが、指が腐らないか心配です。

しもやけもつらいですが、冷え性は体が冷たくてつらいです。

しもやけや寒さのつらさから解放されるために、冷え性対策をしています。

食べ物は重要です。

体は食べたものでできています。

食べ物には体を冷やす性質のものと温める性質のものがあります。

南国で採れるもの、夏が旬のものは体を冷やします。

寒い地域で採れるもの、冬が旬のものは体を温めます。

バナナやマンゴ、キュウリ、なすなどは体を冷やす食べ物です。

キュウリを食べるとすぐにお腹が冷たくなります。

こういったものは食べません。

冬が旬のれんこんやリンゴは体を温める食べ物です。

根菜はコトコトよく煮込むと温める働きが高まります。

ねぎ、にら、たまねぎなどにも体を温める働きがあります。

ねぎやたまねぎはよく食べています。

ねぎの体を温める力は高くて、食べるとすぐに温まります。

ねぎのスープや薬味として使っています。

スープはお腹の中から温めてくれます。

体を温める食材を積極的に食べて、冷え性を克服できるよう努力しています。

(千葉県 JSさん)




冷え性の改善のために家でも温泉施設でも足湯

冷え性に一番効果的なのはやはり入浴だと思います。

上からいくら重ね着しても体の芯はなかなか温まりませんが、お風呂に入ると芯から温まるような気がします。

半身浴がおすすめですが、もっと手軽なのは足湯です。

私は、冬はもちろん夏でも、外出してエアコンの効きすぎたところで過ごしてしまい、冷えてしまったと思ったときは、帰宅してから洗面器に熱めのお湯を入れて、足首から下を10分ほど温めます。

これで冷えの状態がずいぶん違ってきます。

足湯が終わったら、寒い時期は五本指ソックスをはいて、さらにその上に普通のソックスを重ねばきし、熱が逃げないようにしています。

家からクルマで30分ほど走ったところに、天然温泉が湧き出ているある入浴施設があります。

冷えを感じて、時間があるときはここへよく行きます。

天然温泉のお風呂は有料なのですが、ここに無料の足湯があるのです。

近隣の皆さんがたくさん来ておられ、ずらりと座って、足湯に足をつけておられます。

私もその一員となり、結構長い間がんばってつかっています。

家の足湯のように途中で冷めることがありませんから、20分もつけていると、全身から汗がじわっと出てきて、本当に温もり
ます。

冷え性だけでなく、体全体の調子もよくなるようです。

(兵庫県  あっこちゃんさん)